中古車査定に関する基礎知識を身につける

車の寿命とメンテナンスの重要性

実際にはクラッシックカーで100年前の車を走らせている自動車オーナーもいますが、部品を交換し、丁寧に取り扱わないとそこまで維持はできないでしょう。

 

日本では大体年式でいうと10年くらいで、走行距離でいうと20万kmが目安だと言われています。

 

しかし、メンテナンスをしっかりと行っており、部品の供給さえあれば20年以上でも走行は可能だと思われます。

 

長く乗るためには部品の交換は必須となるわけですが、20年以上となると車のメーカーではすでに部品を作っていないということがあり得るのです。

 

そうなった場合、部品をメーカーから取り寄せることは難しくなるために、中古車の部品を利用するなどすてメンテナンスする必要があります。

 

クラッシックカーのオーナーの間では、やはり部品を探しだすことが一番大変だといわれています。

 

当然メーカーでは作られていないので、オーダーメイドで依頼して部品を作ってもらったりすることさえあるようです。

 

一般の車の場合、年式が古ければ古いほど中古車査定において価格が安くなる場合がほとんどです。

 

しかし、高級外車やクラッシックカー・ビンテージカーなどの場合、車が既に走行不可能となったとしても、部品供給としての価値があるとして高く売れる場合もあります。

 

いずれにしましても、車を長く持たせるためには車のメンテナンスををこまめに行うことが重要であることは間違いありません。

 

日本では車検制度というものがあるために、古い車に車検費用をかけるのがもったいないという理由で、車検を期に乗り換えが行われたりします。

 

そのため、日本ではまだ乗れる車が廃車になってしまうケースも多いです。

 

そういった車は、リサイクルされたり、海外で現役の車として活躍することもあります。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

中古車の査定額に満足出来ない方は、他店と比較することで査定額がアップします。

 

実際に5社に車の査定をしてもらったところ、一番高いところと一番安いところで50万円以上の差があったという例もあります。

 

車を下取りに出す前に、まずは買取会社各社の査定額をくらべてみる必要があります。

 

 

ネットから簡単に車の一括査定を依頼する


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ