中古車査定に関する基礎知識を身につける

中古車査定に必要な書類は2つです

現在自分が乗っている車を買い替えるために下取りに出したり、、あるいは買取専門店に売却をしようとする際に、自分の車の価値がどのくらいなのかをチェックしてもらう行為を一般に査定と呼びます。

 

中古車の査定をしてもらう際に必要となる書類には、いったいどんなものがあるのでしょうか。

 

もちろん、査定を依頼する時にその会社から揃える必要のある書類の案内はありますが、事前に知っておくと慌てることもなく安心です。

 

必要となる書類は基本的は、次の二つです。

 

まずは、自動車検査証です。

 

自動車検査証は、その車の持ち主や使用者を明確にし、また法的に義務付けられている検査を受けており、安全上問題ないことを証明するものです。

 

車を運転する際は、この車検証を携行していないと罰せられますから、よほどのことがない限り車の中に積まれているはずです。

 

万が一、紛失してしまった場合は、陸運事務局に申請し、再発行してもらいましょう。

 

また、車検証の内容に変更があった場合も、陸運事務局に申請し訂正してもらわなければいけません。

 

二つ目は、自賠責保険証明書です。

 

これは、車を所有している人が必ず加入しなければならない自賠責保険の保険証のことです。

 

強制保険などと呼ばれたりもします。

 

この保険証をしっかり提示することで、義務とされている保険にしっかり加入していることを証明する必要があります。

 

これも、車を運転する際は、携行していないと処罰の対象となりますから、通常は車の中にしまわれているでしょう。

 

記載内容に変更があったり紛失した場合は、加入している保険会社に問い合わせてみましょう。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

車の査定を1社だけで判断するのはとても危険です。

 

複数の買取専門店に査定をしてもらって比較して、少しでも高く買い取ってくれる会社を選ぶことがポイントです。

 

ネットからあなたの愛車を一番高く買い取ってくれる会社を簡単に探すことが出来ます。

 

 

ネットから30秒で車の無料一括査定はこちら

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ