中古車査定に関する基礎知識を身につける

中古車を売却する際に必要になる書類の解説

車を査定してもらう時に必要な書類は、自動車検査証と自賠責保険証明書の二つだけです。

 

これらは車を運転する際には必ず携行していなければならない書類なので、大抵は車に積まれっ放しになっていますので、紛失したり探すのに時間を要したりすることはないでしょう。

 

査定に必要な書類はその2つだけですが、その後下取りに出したり売却する際には、さらにいくつかの書類を用意しなければなりません。

 

揃えるのに手間取らないようにどんなものが必要になるのかを、事前に知っておくと安心です。

 

査定の時に必要である自動車検査証と自賠責保険証明書の2つの書類は、売却時においても必要です。

 

それらに加えて、毎年課せられている自動車税の納税証明書、実印、印鑑証明書、譲渡証明書、委任状が必要になります。

 

自動車税納税証明書は自動車税を納めた証明です。

 

納付した時に切り離して渡される領収書の部分は、納付したからと安心して紛失してしまわないように、きちんと保管しておきましょう。

 

実印は、書類に捺印する必要がありますから、当然持参しなければなりません。

 

持っていない場合は、新たに作り、役所で印鑑登録をして印鑑証明を発行してもらいます。

 

印鑑登録は一度すればよいものですから、社会人になったら必ず登録しておきましょう。

 

すでに印鑑登録してあるのなら、印鑑証明だけ発行してもらいましょう。

 

印鑑証明は、発行してから有効期間が3カ月以内となっていますので、注意が必要です。

 

車を譲渡、名義変更をする時に必ず必要となる譲渡証明書と、売却を委任するという旨の委任状は、買い取るディーラ−が用意してくれます。

 

これらの書類は、車を売却する際に最低限必要となるものですから、あとであわてないように事前にきちんと確認をしておきましょう。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

車を1社だけの査定額を元に売却するのは、とてももったいない話です。

 

たとえば、家電を買うときにはいくつかの量販店を回って比較することによって安く購入することが出来ます。

 

同様に中古車を売却するときも、何社かの買取専門店に査定をしてもらうことによって、車を高くうることが出来るのです。

 

インターネットから申し込むことによって、複数の買取専門店の査定額を簡単に比較することが出来ます。

 

 

ネットから30秒で無料一括査定はこちら

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ