不具合のある車と中古車査定の豆知識

車が水没しそうになってもあわてずに

東日本大震災では多くの車が津波に飲み込まれ、廃車になったといいます。

 

まだローンが残っているのに、災害で車が水没してしまったとき、この車をどうしたらいいのか悩むと思います。

 

たとえ新車であろうと、水没してしまえば車は動かなくなってしまいます。

 

車に浸水してしまった場合は、これ以上車にあえてダメージを与えないために、運転をしようとしない方がいいです。

 

浸水の程度にもよりますが点検をせずに車を動かそうとすると電子部品の回路をショートさせたり、エンジンを破損させてしまう可能性があります。

 

ですから、浸水した車は動かさないで修理屋さんを呼ぶというのが基本です。

 

車を査定する場合には、完全水没ではなくちょっとの浸水程度でも、査定額に影響が出ることがありますので、注意が必要です。

 

 

車が水没してしまった場合、まずは自動車保険を確認してみましょう。

 

車両保険に加入しているかどうか、そして水害による損害でも保険が使えるのかを確認することが大切です。

 

また、車が水没・浸水した場合、車のどのあたりまで水につかったのかによっても条件などが変わってきます。

 

タイヤより上だったとか、ハンドルの下など浸水の程度によって修理の方法も変わってきます。

 

一般に水害の車は修理費用が高額になります。

 

そして、水没した車を放置しておくと時間がたつにつれて損害が広がります。

 

修理代の予算や査定額によって修理をするか廃車にするかの判断を素早く行う必要が出てきます。

 

ローン中の車ですと、廃車にしてもローンは残りますので、その点は覚悟しなければなりません。

 

基本的には、エンジンが水没するほどの被害にあった場合は廃車となってしまいます。

 

ただ、低年式の人気車種などであれば、水没してもパーツなどを流用できるために、廃車してスクラップにするよりは査定してもらって売却した方が得な場合もあります。

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ