不具合のある車と中古車査定の豆知識

自費修理の水没車に注意しましょう

自費で修理した水害車が中古車市場に出ることがあります。

 

これは、水害の被害あった後、自費で走行可能まで修理し、その後買い替えや下取りなどによって中古車市場へ流れるのです。

 

自費で修理する場合は、なるべく費用をおさえるために、修理個所は故障した部分のみ必要最小限に抑えられることになります。

 

水害にあった車は、時間とともに不具合箇所が出てくる特徴があるため、その都度走行可能な状態まで修理を繰り返して乗りつづけることになります。

 

水害車は電気系統にダメージを受けているために、それらの部分を完全に修理されていない限り、時間とともに何度でも不具合が発生することになります。

 

そんな、時限爆弾を抱えたような車がときどき中古市場に流れて来るのです。

 

もちろん水害車としてではなく、一般車として市場にでることになります。

 

中古車査定において、水害車はなかなか判断が難しいところです。

 

また、水害車は事故車とは違い明確な判断基準がありません。

 

そのため、査定の評価の高い車が水害車だったというケースはよくあります。

 

車を選ぶ際には、香水や消臭剤でにおいをごまかしている車やカビ臭い車等は水害車かもしれないですから、購入は控えたが無難かも知れません。

 

内装などをきれいに修理しても、水没した車というのは、どうしても臭いだけはどうしても残ってしまうものです。

 

同じ水害車でも、車両保険で修理された車の場合は、徹底的に不具合をつぶして修理されることが多いのでそれほど心配ありませんが、要注意なのは、保険を使わずに自費で修理した水没車です。


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ