不具合のある車と中古車査定の豆知識

中古車購入前に水没車でないかどうかチェックしよう

水没車の車の修理代はとても高くなります。

 

現代の車の構造を見ると機械部品と電子部品が一体になっていることが多く、単純に不具合のある部分だけ取り替えるというわけにはいかなくなっています。

 

そのため、水没した車の査定額と修理費を比較した場合、修理をするよりも廃車にしてしまった方がいいと思われるケースが多いようです。

 

たとえば、新車時に200万で購入したある車の現在の買取価格が100万だとします。

 

修理すれば使えるけども、その修理代が120万かかるとしたら、廃車にしてしまった方がいいと考えるのが自然だと思います。

 

ではなぜそのような水害車が市場に出ているかというと、一時しのぎ程度の修理をしてとりあえず走れる状態にして売却してしまうケースがあるからです。

 

特に自費で修理した場合には、修理費をそれほどかけられないことが多いために、ただ単に走れる状態にした車が多いようです。

 

しかし、水没車の場合、電気系統がやられている可能性が高いので、応急的な修理をして走るようになっても、あとから不具合が出てくる可能性が非常に高いです。

 

あくまで一時的に乗れる状態になっている車と考えておくといいでしょう。

 

中古車市場に流れている車には2種あります。

 

一つは、水没車であることを明記したうえで格安で販売している車、もう一つは、水没車であることを明記されないで一般車両として販売されている車。

 

水害車は購入後にトラブルが発生する可能性の高い車です。

 

水害車だから安くなっていますと言われても、見送った方が無難でしょう。

 

あえて購入するのならば、最低1年程度の保証付きで購入するといいでしょう。

 

問題なのは、水没車であることを隠して販売している車です。

 

プロの査定士でも水害車を見分けるのが難しいものがあります。

 

車内に異臭がするなどの異常を感じたら、手を出さない方が無難だと思います。


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ