中古車の故障に関するお役立ち情報

ディーゼル車の排ガス規制と中古車査定の影響

最近では排気ガスの規制が年々厳しくなっており、排気ガスがある基準を満たしていなければ車検が通らないこともあります。

 

排ガス規制は2種類に分けられ、国の法律であるNOxPM法と都道府県の条例があります。

 

特定地域が定められている国の規制では、東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・愛知県・三重県・兵庫県・大阪府の一部地域で規制にひっかかった車を車検を通すことができません。

 

廃車か車買い替え、または排気ガス低減装置を設置する必要があります。

 

この法律を逃れるために、特定地域以外に登録し直して継続して車を乗り続けようとする車庫飛ばしが横行しており、地域環境の問題が特定地域内から地域外へと変わっただけになっているようです。

 

つまり、法の規制のかからない地域には、汚れた排気ガスの車ばかりが集まってしまうという、迷惑な状況になっているわけです。

 

環境のことを考えるのなら、やはり買い替えを考えるか、排ガスを法定基準まで低減させる装置を取り付するべきでしょう。

 

中古車査定でにおいても、たとえ程度が良くて調子のいい車であったとしても、排ガスについての整備が行われていないと価格に大きな影響が出てきます。

 

特定地域は主に大都市ですから、そこに車を乗り入れることができなければ、非常に不便な車になってしまいます。

 

ハイエースのような荷運びに便利な人気車種であっても、地方限定でで使わざるを得なくなってしまいます。

 

日本ではディーゼル規制がはじまって以降ディーゼル車の人気が落ちていますが、海外では排ガス低減装置のついたディーゼル車が大変人気になっていますし、最近ではマツダから非常に排ガスのクリーンなスカイアクティブのディーゼルが開発されて注目を浴びています。


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ