中古車の査定額をアップするテクニック

中古車査定を1か所だけで決めてはいけません。

愛車を査定に出す時に、複数店を回る必要はあるのでしょうか。

 

中古車の基本価格を出すには、

 

査定基準価格 - 各種コスト・利益 - 各社の調整 = 基本価格

 

という計算方法があるそうです。

 

中には標準状態Aと判断される別途積み上げ額が設定されるような車もありますが、中古車のほとんどが標準状態Bと判断されるケースが多いため、標準状態Bで考えてみます。

 

標準状態Bの自動車は保安上重要な部分には、定期点検整備、その他には軽整備を要することになります。

 

よって標準状態Bの自動車を販売するためには、整備をするための費用が必要になるわけです。

 

また、中古車業界におけるその車の在庫状況や回転率、同時にその査定をお願いする中古車会社自体における、在庫状況や回転率、販売力、また整備に必要な部品価格や整備体制など、中古車会社ごとの調整が行われることになります。

 

そのため、基本的に加減点の部分では、どの会社に査定をお願いしてもほとんど差はないと言えますが、この中古車会社ごとの調整の部分で、基本価格の差が出てくることになると言えるでしょう。

 

当然自社に整備体制がある会社であれば、その分高額で買取が可能となりますが、なければその費用を買取価格から引く必要があるため、買取価格がその分低くなるというわけです。

 

以上の理由から、愛車を査定に出す時、少しでも有利に買い取ってほしいのであれば、複数の店舗を回って査定に出し、一番良い条件を探す必要があります。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

車の買取価格を知るには複数の会社の中古車査定額を比較することが基本中の基本です。

 

ディーラーや買取専門店それぞれの車種による得手不得手や在庫状況によっても買取価格は大きく変わってきます。

 

あなたの愛車をいま一番高く買い取ってくれる会社を探すには、ネットから無料で複数の買取店に一括査定を申し込むのが一番手っ取り早いです。

 

 

ネットから30秒で無料一括査定はこちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ