ホンダ車と中古車査定

 

愛車をディーラーにそのまま下取りに出すのは非常に危険です。

 

車の査定額を1社だけの判断で決めるのは、大きな損失となることがあります。

 

複数の業者の査定額を比較することによって、少しでも高額で売ることを考えるべきです。

 

ネットから無料で簡単に複数の会社に一括査定依頼はこちら

ホンダ車について知ろう〜人気車種から中古車査定まで

ホンダ車は、トヨタ・日産と並ぶ日本の3大メーカーであることのみならず、「世界のホンダ」としての地位を築いています。

 

ホンダを語るとき、創業者の本田宗一郎を抜きにしては語れないほどホンダ車の誕生と発展に貢献してきたのが、本田宗一郎です。

 

しかも、彼の偉業はその業績のみならず、人間的にも優れた立志伝中の人物で、本田宗一郎の苦労と、そこから生み出された数々の「本田宗一郎語録」はいくつかの本になって出版されています。

 

そして彼の言葉で人生を奮い立たせる人も多く、ビジネスパーソンの指南の書ともなっています。

 

ホンダの歴史は昭和21年本田宗一郎が、自転車に陸軍で使用していた小型エンジンを改良し取り付けた原動機付き自転車を作ったことから始まります。

 

その後彼は、BMWなど手当たり次第に外国のオートバイを分解したり改造したりを繰り返した結果、昭和24年に本格的なオートバイを製造販売させます。

 

このオートバイが爆発的なヒットとなり、当時の業界の70%を占めたほどです。

 

その後ホンダはオートバイばかりでなく、自動車の製造に進出し、さらに汎用製品の太陽電池や耕運機、芝刈機などの製造販売を行っています。

 

その他、二足歩行ロボット「アシモ」を開発したのもホンダです。

 

2005年の愛知万博では、ロボットのトヨタ館が凄い人気で、入場するのに7時間待ちなどという盛況ぶりでした。

 

現在でも、栃木県にある茂木サーキットに行くと「アシモ」に会うことが出来ます。

 

ホンダ車はエンジンのふけも良いし、足回りが良いということで、根強いファンがいます。

 

特に、エンジンに関しては高回転の伸びが素晴らしく、かつてF1で培った技術が見事に生かされています。

 

ホンダは、他のメーカーにない奇抜な発想で車の開発をするメーカーですが、時には「出る釘は打たれる」のやっかみから、酷い噂が過去にたったこともありました。

 

それは、5ナンバーに広い居住空間で爆発的な売れ行きを見せた初代ステップワゴンです。

 

その人気ゆえに「走る棺桶」などと揶揄されました。

 

あまりに良く売れたための有名税とはいえ、それにしても酷い噂を立てる人がいるものですね。

 

しかし、何と言われようとステップワゴンが人気である事実に変わりはなく、他のメーカーもセレナやノア(ボクシー)といったステップワゴンを研究しつくしたライバル車を次々に市場に投入してきました。

 

ステップワゴンは現在でもとても人気のある車ですから、買取りに出すときはそれなりの高額な査定額が出る車です。

 

中古車査定においては、人気の有無が大きなポイントになります。

 

もちろん、単純に人気だけで車が高く売れるわけではありませんので、高額な査定額を出すためにもメンテナンスをしっかりして乗りたいものです。

 

ずっと可愛がってきた愛車ですから、少しでも高く買い取ってもらいたいですね。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

ホンダ車特集〜中古車査定ナビエントリー一覧

ホンダのクルマと中古車査定

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

続きを読む

ホンダの軽自動車と中古車査定

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

続きを読む

ホンダのスポーツカーと中古車査定

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

続きを読む


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ