トヨタのスポーツカーと失敗しない中古車査定

スプリンタートレノを少しでも高く売るために

過去にトヨタ自動車から販売され、一世を風靡したスポーツクーペに「スプリンター・トレノ」があります。

 

カローラブランドの「レビン」の姉妹車にあたります。

 

スプリンター・トレノの歴史は次のとおりです。

 

【初代トレノTE27型:1972年 - 1974年】「2代目トレノTE47型:1974年 - 1975年】【3代目トレノTE61型:1977年 - 1978年】【4代目トレノTE65型(1978年 - 1979年)】【5代目トレノE71型:1979年 - 1983年】【6代目トレノAE85/AE86型:1983年 - 1987年】【7代目トレノE91/AE92型:1987年 - 1991年】【8代目トレノAE100/AE101型:1991年 - 1995年】【9代目トレノAE110/AE111型:1995年 - 2000年】

 

およそ4〜5年の間隔でモデルチェンジを繰り返してきました。

 

現在トヨタから発売されている86は、この「トレノ」「レビン」の後継車と言われています。

 

ちょうと6代目の後期型がAE86という形式だったために、そこからのネーミングなのでしょう。

 

もしあなたが、スプリンタートレノのオーナーであるならば、中古車査定においては相当に高い評価を期待してもいいと思います。

 

特にAE86タイプは人気で、17年も前のクルマにも関わらず、中古車市場では100万円以上の値がついていたりします。

 

また、初代トレノ(TE27)もマニアに人気で、40年も前のクルマにも関わらず、程度がよければ100万円以上で販売されていることもあるようです。

 

本来1200ccであるカローラやスプリンターのボディに1600ccのDOHCエンジンを積んだじゃじゃ馬で、個性的なオーバーフェンダーがなんとも魅力的な車です。

 

このようなレアな車を売却するときは、いわゆる一般の中古車査定基準はまったく当てになりませんので、当然買取店によって査定額にバラつきが出ます。

 

1社だけの査定額で売却してしまうと数10万円単位で損をしてしまうこともありますので、売却の際は必ず複数の買取店に査定してもらって、一番高いところに売却するようにしましょう。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

スプリンタートレノの買取価格はお店によって大きく変わることがありますのでご注意ください。

 

絶版社は希少価値がありますので、1社だけの査定で売却してしまうのは非常にもったいないことです。

 

複数の買取専門店に査定を依頼して比較をすることによって、高値で売却することが可能になります。

 

 

ネットから無料で複数の会社に一括でスプリンタートレノ査定を依頼する

トヨタの名車スプリンタートレノの中古車査定で損をしないために関連ページ

トヨタのオープンカーMR-Sの特徴と中古車査定

トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ