車を売る手段と中古車査定のヒント

個人売買で車を売る際のメリットとデメリット

最も簡単で、それでいて車を高く売れる可能性のあるのが個人売買です。

 

もしも自分が売りたいと思っている車を知人などに打診して、欲しいというのであれば、個人売買で売ることが可能になります。

 

ネットオークションのように相手の顔もわからない人に譲るのではありませんから、トラブルに巻き込まれる危険性は少ないでしょう。

 

そして、多くの場合は近くに住んでいる人へ売ることになるでしょうから、引き渡しの際の搬送費用などはほとんどかからないでしょう。

 

ただ、個人売買をすると、買取業者なら代行してくれる名義変更の手続きなどを自分で行わなければいけません。

 

これがけっこう手間がかかります。

 

その場合は、多少お金はかかりますが、行政書士などに名義変更を依頼してもいいかも知れません。

 

個人売買の場合、中間マージンが一切発生しない分、車を高く売ることが出来る可能性がありますが、それはしっかり相場を把握している場合の話しです。

 

それが把握できていないと、うっかり相場よりも安く売ってしまう可能性もあります。

 

結局専門店に中古車査定をしてもらった方が、高く売れたというのでは個人売買の意味がありません。

 

相場を見極める方法として、一括査定サイトを利用して専門の業者に中古車査定をしてもらうことです。

 

複数の業者に査定をしてもらうことで、その車の適正な中古車査定額と相場の傾向が見えてきますので、利用してみるといいでしょう。

 

車を売るという点に関して、個人売買が一番利益を得られやすい方法であることは間違いありません。

 

そのためにも、きちんと中古車査定の相場を把握するようにしましょう。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

個人売買で車を売却する前に....

 

車を個人売買で売る前のはちょっと待って下さい

 

中古車の適正価格を出すのは実はとても難しいことなのです。

 

数社の査定額を比較すると、一番高いところと安いところで数十万円の差がでることはよくある話です。

 

個人売買をして大きな損をする人が多くいます。

 

複数の買取店の査定額を比較して適正価格を判断し、少しでも高く個人売買するようにしましょう。

 

 

ネットから無料で一括査定の依頼はこちら

 

 

個人売買で車を売る際に注意すべきこと〜中古車査定ガイド関連ページ

中古車販売店で車を売るコツ
中古車買取業者に車を売る際のコツ
ネットオークションで車を売る際の注意点

トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ