高く車を売るための方法

交渉することで車は高く売れます

車を売る場合、ディーラーや中古車販売店、中古車買取業者など、いづれかの業者に引き取ってもらうことになるでしょう。

 

いずれにしても、そういった業者に中古車査定をしてもらい、最初に提示された査定額でそのまま契約してしまってはいけません。

 

最低限、買い取り価格、下取り価格アップの交渉をしてみましょう。

 

交渉の仕方にもよりますが、うまく交渉すればかなりの査定額アップになる可能性があります。

 

やって損になることはありませんので、ダメ元で交渉するようにしましょう。

 

新車を買うときには、ほとんどの人はディーラーと値引き交渉をすることでしょう。

 

車を売るときも同様です。

 

そして、そのことは買取業者もわかっているはずです。

 

おそらく買取価格アップの交渉をしてくるだろうと覚悟していることでしょう。

 

そのため、業者によってはあらかじめ交渉されることを見越して多少査定額を低めに設定している場合があります。

 

これを「ネゴシロ」と言います。

 

たとえば、業者側が100万円で買取をしようと思っていたとしても、お客様には90万円と提示します。

 

つまり10万円の「ネゴシロ」を取っているわけです。

 

そこでお客様が『もう少し何とかならないの?』と交渉してきたときに、「いつもお世話になっているので95万円までアップさせていただきます」と言えば、お客様は5万円もアップしてもらった、と喜んで契約するかもしれません。

 

実際は業者が予定していた査定額よりも5万円低くい金額にも関わらず、お客様に喜んでもらえたことになります。

 

ということは、もし交渉せずにそのまま契約してしまったら、業者だけが10万円も得をすることになってしまいます。

 

ですから、車を売る際の値段交渉は必ずするようにしましょう。

 

おそらく、金額を渋るだけでも多少のアップは獲得できるでしょう。

 

その他にアピールできる部分、もしくは他の業者にも見積もりをもらう、などの交渉を行えば、最低でも業者側が買取したいギリギリの金額までは引き上げることが出来るかも知れません。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

中古車の査定額なんてどこにお願いしても同じだと思っていませんか?

 

実は、中古車の買取価格は業者によって大きく変わってきます。

 

年式の新しい車ですと数十万円単位で査定額が変わってしまうのは常識ですし、あるお店で値段のつかなかった古い車でも別のお店で査定してもらったら20万円以上の値がついたという例も実際にあります。

 

中古車査定は必ず複数の会社に依頼するようにしましょう。

 

 

インターネットから無料で複数の会社に車の査定依頼はこちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ