車を高く売るために本当にすべきこと

傷やへこみが中古車査定に与える影響と対策

車はボディーの傷やへこみなどがあると、中古車査定においてはマイナス要因になってしまいます。

 

しかしフレームに損傷が出るようなダメージを受けた、いわゆる事故車でなければ、多少の傷やへこみで査定額に大きく影響する事はありません。

 

よく、少しでも車を高く売りたいために、小さな傷やへこみを修理をしてから中古車査定に出そうと考える人がいます。

 

しかし、それは間違った方法です。

 

たしかに完璧に修理をすればマイナス査定にならないかもしれませんが、修理をするには整備工場などに修理代金を支払っていることでしょう。

 

修理をすることで、その修理代以上のプラス査定とならなければ意味がありせん。

 

車にキズや不具合があるとマイナス査定になるのは仕方のないことですが、そのマイナス分というのは、その修理をおこなうための費用と考えるべきです。

 

たとえば、その傷や不具合を修理するのに、部品代が3万円かかったとします。自分で整備工場に持って行き修理してもらえば、その部品代だけではなく工賃・その工場の経費や儲け分も含めて請求され、安くても10万円位は請求されてしまうでしょう。

 

ですが、買取業者や中古車販売店ではほとんど自社工場や系列の工場がありますから、かかる修理費用は部品代と人件費のみですので、7万円くらいで済む可能性があります。

 

買取業者にしてみれば、お客が自主的に車を修理したからといって、自社で修理する以上の金額を査定額に上乗せすることはありません。

 

その結果、修理せずにそのまま中古車査定に出した場合にくらべて、3万円程度損をしてしまうことになります。

 

車を売る際は、小さな傷やヘコミは修理せずにそのまま中古車査定を受けた方がお得だということを、憶えておきましょう。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

車は高額商品ですから、たった1社の査定額で売却を決めてはいけません。

 

車種や年式によっては、買取価格が数十万円も違ってくることがあります。

 

必ず複数の買取専門店に査定をしてもらって買取額を比較するようにしましょう。ネットから簡単に一括査定の依頼が出来ます。

 

 

無料で複数の会社より一括査定はこちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ