事故車を少しでも高く売るために

事故車の定義と売却先について

車はできるだけ高く売りたいものですが、どうしても高く売ることが難しい車もあります。

 

それは事故車です。

 

事故車と言っても、文字通り『事故を起こした車』というわけではありません。

 

軽いぶつけた程度のクルマを事故車扱いしてしまうと、ほとんどの車が事故車となってしまうでしょう。

 

ここで言う事故車というのは、ある程度大きな事故を起こし、それが原因で車の骨組みや枠を修理・交換などを必要とするような事故を起こした場合です。

 

こういった場合は、事故車扱いで中古車査定に大きく響きます。

 

そのため、軽く壁に擦ったとか、バンパーがへこんだという程度の事故であれば、中古車査定に影響することはまずありません。

 

修理してあれば問題ありませんし、修理してなくても、その修理代分が査定上マイナスとなる程度です。

 

では、大きな事故により事故車扱いになってしまった場合、修理してもダメなのでしょうか?

 

現実問題として、フレームに損傷を与えるくらい大きな事故を起こしてしまうと、それを完璧に修理することは困難ですし、売却後に不具合が出るかも知れないという不安はつねに付きまといます。

 

そういった理由から、たとえ問題なく走行出来るまでしっかりと修理した車であっても、中古車査定では大きなマイナスポイントとなってしまうのです。

 

また、修理をしても完全に直すことが出来ずに、ハンドルがぶれるなど走行に支障が出るようなクルマは、中古車査定を受ける以前に、引き取り拒否されたり、処分料を請求されるケースもあるようです。

 

では、事故車のオーナーはクルマの売却を諦めなければいけないのでしょうか?

 

実は、事故車専門の買取業者もありますので、まずはそういったところに申し込んでみるといいでしょう。

 

事故車であっても、パーツを再利用できたり、海外への輸出ルートを持っているようなところだと、それなりの金額で買い取ってくれることもあります。

 

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ