不人気車種を売る際の中古車査定のポイント

不人気車種を売る際の中古車査定について

高く売れる車というのは、やはり基本的には人気のある車種です。

 

逆に高く売れない、場合によっては買い取ってさえくれない可能性があるのが不人気車種です。

 

不人気車種といえども、同クラスで同性能なら、それほど大幅に中古車査定額が低くなることはないだろうと思うかも知れませんが、おそらく自分が思っている以上に不人気車種の査定額は厳しいものとなるはずです。

 

それは、中古車販売店が車を買い取って販売する時に、そのクルマが売れるのか売れないのかが大きなポイントとなるからです。

 

展示してすぐに売れてしまう人気車種であれば、多少高く買い取っても買取業者にあまりリスクはありません。

 

ところが不人気車種となると、売れ残りのリスクがあるために、査定額が厳しくならざるを得ないという事情があります。

 

たとえば、人気車種を100万円で買い取り、130万円で売れば、単純計算で30万円くらいは中古車販売店や仲介業者が粗利としての利益を出すことが出来ます。

 

一方で、不人気車種の場合、60万で買い取り、90万円で売れば30万円の粗利になります。

 

結果的に同じ金額を儲けるのだし、費用も少なくて済むので、実は不人気種のほうがいいのではないかと思うかも知れません。

 

しかし、不人気車種の場合、確実に売れるという保証がないわけです。

 

そのまま売れずに残ってしまうと、在庫としての維持経費がかかります。

 

そして半年も売れずに残っていると、車の価値はどんどん下がってしまいますから、収支としてマイナスになってしまう可能性もあるわけです。

 

そのため買取業者は、そういったリスクを考えてさらに中古車査定額をおさえることになります。

 

不人気車種の場合は、車の状態そのものがよく、走行距離が少ないクルマであっても、ほとんど査定額に変わりがありません。

 

そのため、売る時のことを考えるとやはり人気車種を購入した方が結果的にお得ということになります。

 

しかし、何店舗かの買取店に中古車査定をしてもらうことで、不人気車種であっても意外な高額査定となるケースもときどきありますので、まずは一括査定などを利用して、複数の買取店の査定額を比較してみるようにしまよう。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

不人気車種を少しでも高く売るために

 

不人気車の中古車の査定額なんてどこにお願いしても同じだと思っていませんか?

 

実は、不人気車種の買取価格は業者によって大きく変わってきます。

 

年式の新しい車ですと数十万円単位で査定額が変わってしまうのは常識ですし、あるお店で値段のつかなかった古い車でも別のお店で査定してもらったら20万円以上の値がついたという例も実際にあります。

 

不人気車だからといってあきらめずに必ず複数の会社に依頼するようにしましょう。

 

 

インターネットから無料で複数の会社に車の査定依頼はこちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ