車を高く売れない理由と車検切れ

車検切れのタイミングで車を売る場合の注意点

当たり前の話ですが、車は車検を通さなければ公道を走れません。

 

車検は普通自動車だと、新車購入時は3年、その後は2年ごとに実施することが義務付けられています。

 

その費用は税金などの諸費用を含めると安くても10万円くらい、修理する個所や交換パーツが多いと20万円以上となることもあります。

 

車を売ろうと考えている人のほとんどが、車検の時期が来るから車を買い替えようと考えることが多いようです。

 

そのため、タイミングによっては車検がほとんどない、もしくは切れてしまったなどということがあります。

 

中古車査定の際に、車検がほとんど残っていない車の査定額は、車検の残っている同程度のクルマにくらべて低くなります。

 

中古車買取業者がそういったクルマを買い取って販売をするためには、新たに車検を取得しなければならないため、その費用分がマイナス査定となるわけです。

 

だからといって、車を売却する前に、新たに車検を取るというのは得策ではありません。

 

なぜなら、車検にかかった費用以上に中古車査定額がプラスになることはないからです。

 

むしろ、トータルで考えると損をすることになります。

 

たとえば、買取価格100万円のクルマを売却する際に15万円かけて車検をとったとしても、査定額が115万円とはならないということです。

 

中古車買取業者は、自社ないし独自のルートで車検工場を持っていますので、買取後にそういったところで車検を取った方がコストがかからないからです。

 

ですから、車検の残っていないクルマを売却する際は、新たに車検を取らずにそのまま売ってしまうのが賢明です。

 

当たり前の話ですが、車は車検を通さなければ公道を走れません。

 

車検は普通自動車だと、新車購入時は3年、その後は2年ごとに実施することが義務付けられています。

 

その費用は税金などの諸費用を含めると安くても10万円くらい、修理する個所や交換パーツが多いと20万円以上となることもあります。

 

車を売ろうと考えている人のほとんどが、車検の時期が来るから車を買い替えようと考えることが多いようです。

 

そのため、タイミングによっては車検がほとんどない、もしくは切れてしまったなどということがあります。

 

中古車査定の際に、車検がほとんど残っていない車の査定額は、車検の残っている同程度のクルマにくらべて低くなります。

 

中古車買取業者がそういったクルマを買い取って販売をするためには、新たに車検を取得しなければならないため、その費用分がマイナス査定となるわけです。

 

だからといって、車を売却する前に、新たに車検を取るというのは得策ではありません。

 

なぜなら、車検にかかった費用以上に中古車査定額がプラスになることはないからです。

 

むしろ、トータルで考えると損をすることになります。

 

たとえば、買取価格100万円のクルマを売却する際に15万円かけて車検をとったとしても、査定額が115万円とはならないということです。

 

中古車買取業者は、自社ないし独自のルートで車検工場を持っていますので、買取後にそういったところで車検を取った方がコストがかからないからです。

 

ですから、車検の残っていないクルマを売却する際は、新たに車検を取らずにそのまま売ってしまうのが賢明です。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

車検がなくても車を高く売るには?

 

車検のないクルマは高く売れないと思っていませんか?

 

車検のない車は確かに中古車査定で不利ですが車を売るために新たに車検を取っても意味がありません

 

買取業者によっては、自社に車検工場があるために、車検のないクルマでもそれほどマイナス査定とならないケースもあります。

 

車検のないクルマは、なるべく多くの買取専門店に査定をしてもらって比較してみましょう。

 

 

無料で複数の会社より一括査定はこちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ