車が売れない時〜廃車すべきか否か

あなたのクルマ、本当に廃車でいいのですか?

あまりにもクルマの状態が悪すぎて、どこの業者に依頼しても引き取りできないということになれば、その車は廃車にするしかなくなるでしょう。

 

廃車にするには、ただその車をスクラップに出せばいいという訳ではありません。

 

たとえスクラップに出して車そのものが無くなってしまっても、書類上はいつまでも車を保有していることになります。

 

書類上クルマが存在していることになると、毎年自動車税の請求が必ずきてしまいます。

 

『車がないのに自動車税は払わなくていいだろう』と思うかもしれませんが、そういうわけにはいきません。

 

そうならないためには、確実に廃車手続きを行わなければいけません。

 

廃車にする場合は、まずナンバープレートを外した上で解体業者にスクラップを依頼します。

 

その際に自動車リサイクル料が未払いの場合には支払わなければいけません。

 

支払い後に自動車リサイクル券のA券以外を受け取っておきましょう。

 

また解体後には解体報告記録日の連絡がありますから、これを書き留めておきましょう。

 

その二つと、ナンバープレート(2つ)、実印、車検証、印鑑証明書、申請書を持って陸運局に行って、廃車手続きをすることになります。

 

実際には、スクラップ業者や陸運局に行って廃車手続きをするというのは、結構手間がかかるものです。

 

もしも買取査定がつかないと言われても、無料で引き取るというのであれば、そちらで依頼した方がいいでしょう。

 

また、1社だけの中古車査定で買取不可能といわれた場合でも、他の買取業者なら買い取ってくれる可能性もあります。

 

最近では、中古車の海外輸出ルートを確保している買取業者も多いので、他店で買取出来ないと言われたクルマでもしっかりと中古車査定をして買取価格を提示してくれるところもあります。

 

廃車にする前に、ダメもとでいくつかの買取店に中古車査定をしてもらうといいでしょう。

 

廃車にする前にネットから無料で車の一括査定はこちら

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ