日産のフーガを高く売るために

高級セダン日産フーガの特徴と中古車市場

日産フーガは2004年に、セドリック・グロリアの後継車として販売を開始された高級セダンです。

 

日産フーガのライバル車は、セドリック・グロリア時代からトヨタのクラウンです。

 

最近のミニバン人気の影響もあり、セダンはまったく人気がないと言われていますが、フーガのような高級セダンには、根強いファンがいるものです。

 

こういった高級セダンのファンは、モデルチェンジがあってもまたその車種の新型に買い替える傾向があり、それが息の長いニーズの要因となっています。

 

日産フーガの中古車市場を見てみますと、やはりセダン人気の低迷もあり、高級セダンというカテゴリーにも関わらず、比較的手ごろな値段で販売されているようです。

 

5年落ちのフーガですと、およそ120万円から200万円といった価格帯での販売が多いようです。

 

新車価格を考えますと、かなりお手頃な値段ということが言えると思います。

 

しかし、10年落ちでも100万円以上で売られてる車も多く、やはりそこは高級車の意地といったものが感じられます。

 

中古車査定において特に差が出るのが走行距離で、フーガの場合も特に10万キロ以上を走っている場合ですと査定が厳しくなりがちです。

 

日産フーガに限った事ではありませんが、1年で1万キロ程度の走行距離が中古車査定に影響を与えない範囲となります。

 

また、最近の特徴として、禁煙車であることも査定にプラスなるようです。

 

喫煙しない人にとっては車内のタバコの臭いというのは、とても気になるものです。

 

タバコを吸わない人の方が圧倒的に多くなってしまった現在においては、タバコの臭いのする車は売りにくい車と点で、中古車査定に少なからず影響するようです。

 

もちろん、車の価値判断はいくつもの基準を元に算出されますので、車を売る際には多くの買取店に査定をしてもらって比較をするのがコツになります。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

フーガを下取りに出す前に...

 

日産フーガの中古車査定額を1社だけで判断するのは間違いです。

 

なぜなら、フーガのような高級セダンの買取額は会社によってびっくりするくらい差があるからです。

 

最低でも4〜5社の査定額を比較してみることをお奨めします。

 

 

ネットから簡単に複数の会社に日産フーガの一括査定を依頼する

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ