スズキのワゴンR高く売るための中古車査定の方法

人気のスズキワゴンRが値崩れしない理由と中古車査定

スズキワゴンRは1993年に販売を開始されました。

 

その独特の背の高いスタイルと広い室内という、これまでの軽自動車になかったコンセプトが受けて大人気車種となりました。

 

それまでの、軽自動車は室内がせまく(特に後席)、近所までの足代わりにしか使えないというイメージでしたが、その概念を打ち壊したのがスズキワゴンRでした。

 

今、日本国内では軽自動車が大人気となっていますが、この軽カーブームの立役者となったのが、ワゴンRといっても過言ではないでしょう。

 

ワゴンRはその後モデルチェンジを重ね、2012年9月に販売を開始された現行型は5代目となります。

 

ワゴンRの中古車価格を見てみますと、5年落ちのクルマで50万円から80万円程度がおおよその相場となっているようです。

 

ワゴンRは中古車市場において流通量が非常に多く、どこの中古車販売店でもつねに在庫を持っているような状況ですが、それでも値崩れを起こすようなことがありません。

 

展示さえしておけば、どんどん売れてしまう人気車種ゆえに、在庫はいくらあってもいいと考えている中古車販売業者が多いようです。

 

そのため、中古車査定においてもかなり期待の出来るクルマがワゴンRということになります。

 

ただ、だからといってどこの買い取り店に持ち込んでも高額査定額をだしてくれるわけではありません。

 

業者によって軽に強いところと弱いところがありますし、ワゴンRの在庫状況も各社それぞれ異なりますので、複数の買い取り業者に中古車査定を依頼して比較することは最低限実行すべきです。

 

それだけで、中古車査定額が10万円程度は変わってしまうことがよくありますので、面倒臭がらずに、必ず複数の買い取り業者を比較するようにしましょう。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

ワゴンRの査定額をアップするには?

 

スズキワゴンRをディーラーにそのまま下取りに出すのは非常に危険です。

 

ワゴンRの査定額を1社だけの判断で決めるのは、大きな損失となることがあります。

 

複数の買取業者の査定額を比較することによって、少しでも高額で売ることを考えるべきです。

 

 

ネットから無料で簡単に複数の会社にワゴンRの一括査定依頼はこちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ