車の下取りについて知ろう

車を下取りに出す際に考えるべきこと

中古車を下取りに出すデメリットは、車の購入と同時に下取り価格を提示されるため、複数の業者に査定してもらって比較した場合にくらべて査定額が低くなる可能性があることです。

 

特に下取り価格がそのまま新車購入の頭金となりますので、ディーラーによっては本来の下取り価格なのか値引き分で調整しているのかが分からなくなることがあります。

 

下取り価格についてもきちんと折衝を行わなければ、一般の相場にくらべてかなり低めの査定をされてしまうことがありますので注意が必要です。

 

新車を購入することがメインとなっているので下取りは二の次になってしまう人が多いと思いますが、場合によっては数十万円の差になることもありますので、妥協すると大きな損をすることにもなりかねません。

 

中古車を下取りに出すもう一つのデメリットとして、ディーラーはあくまでも新車の販売がメインであって、中古車の査定が本業ではないという点があげられます。

 

その点に関しては、やはり買い取り専門店に一日の長があるといえるでしょう。

 

もちろんディーラーも車の査定に関してはプロなのですが、やはり厳しめの査定をする傾向にあるようです。

 

新車の販売をメインの業務とするディーラーと、車の査定買い取りを専門とする業者では基本的なスタンスが異なりますので、それは仕方のないことだと思います。

 

新車を買うときにはいくつものディーラーを回って値段交渉する人が多いですが、意外と下取りに関しては無頓着な人が多いようです。

 

買い取り専門店を回って、査定額が数十万円アップする可能性があるならば、面倒くさがらずにいくつかの店で査定をしてもらった方が無難です。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

複数の中古車買取店を比較することで査定額が数十万円高くなることがあります。

 

ディーラーなどで出してもらった査定額を元にそのまま売却してしまうほは、非常にもったいないです。

 

ネットの一括査定サイトを利用して、買取価格をくらべてみることをお奨めします。

 

 

今すぐ無料で車の一括査定をしてみる

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ