車の下取りについて知ろう

ディーラーに中古車の査定をしてもらうときの注意点

中古車を下取りに出す際は、あくまでも新車購入がメインとなっていることで、下取りされる車はあまり重要視されない傾向があり、その点が下取り価格が振るわない原因1つとなっています。

 

ディーラーは下取りした車を直接取り扱うことが少なく、系列の中古車取り扱い店やオークション等に委託することが多いようです。

 

そのため、委託費用が下取り価格から差し引かれている場合があるわけで、その分査定額が渋くなります。

 

中には下取り費用として委託費や廃車費用等の経費の負担を求めるところもあります。

 

自分の車の価値を知っていないと、下取り価格で足元を見られてしまう可能性があるので注意hしましょう。

 

また、自分の車の価値をある程度判断出来る人は、納得のいくまで下取り価格についてディーラーと交渉しましょう。

 

ホイールやエアロなどでドレスアップした車の価値をきちんと評価してくれるかどうかもポイントです。

 

車の価値が高ければ高いほど、不利な査定によるデメリットが大きくなります。

 

中古車の下取り価格は、多くの場合レッドリストに載っている価格を基本とすることが多いです。

 

しかし、足回りをドレスアップしたり、寒冷仕様等の装備がついた車の詳しい価格はのっていないために、下取り価格に反映されないことが多くなります。

 

車に愛着がある人で、特に車に手を入れてきた人ほど、下取りで損をする場合がありますから、この場合は車買取店に持ち込んで査定をしてもらった方が有利になるケースが多いです。

 

ディーラーの査定では評価されなかったパーツなどの価値もある程度反映させてくれるが魅力となっています。

 

それでもあえてディーラーで下取りに出したいという人は、自分の車の査定額をネットなどで調べて把握しておき、交渉のネタにするといいでしょう。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

中古車の売却を1社だけの査定額で決めてしまってはいけません。

 

なぜなら、中古車査定額は複数の店舗に依頼して比較をすることで大きな差がでるからです。

 

インターネットから簡単に複数業者の買取価格を比較することが出来ます。

 

 

愛車の査定額をネットから簡単に比較するにはこちら

 

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ