ローンが残っている車の中古車査定と売買

自己所有名義でローンの残っている車を売却する時

ローン中の自動車でも、所有者が自己名義になっている場合、個人販売や名義変更などは自由に行うことができます。

 

気をつけなければならないことは、友人などに名義変更するにしても、ローンの支払いはどのようにするのか決めておかなければトラブルになる場合があるので注意しましょう。

 

また、銀行貸付で融資をしてもらった場合は借入先で契約上問題ががある可能性もあるので確認の相談をするといいでしょう。

 

人によっては、ローンも含めて友人に譲渡する予定だったのに、話が違うと言われてしまった例があります。

 

また、友人に譲渡するつもりが、駐車場が見当たらず車庫証明がとることができずに所有者の名義変更は出来たものの、使用者が変更できずにいたという例もあったりします。

 

使用者の変更ができないと後々トラブルとなってしまうことがあります。

 

使用者の変更ができない場合のトラブルとしては、車検などの通知は使用者に届くといったことや、ひき逃げ事故を起こした時などに車の使用者に一番に疑いがかかります。

 

車の貸出ということで車の使用者にも責任がかかり、場合によっては訴えられて裁判にもなる場合がありますから、名義変更等は確実に行うようにしましょう。

 

一般的には、車の譲渡や売買が行われても、ローンそのものは残ることになります。

 

個人売買の際は、ここの部分をしっかりとクリアしておくようにしましょう。

 

ローン残額を一括支払いしたり、ローンの契約を変更するなどの手続きが必要になりますので、その点は事前にしっかりと話しあっておきましょう。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

愛車の買取価格をアップするコツは複数の会社に査定してもらうことです。

 

1社だけの査定額でそのまま売却してしまっては損になることが多いです。

 

複数の会社に査定をしてもらうということによって競争入札の原理で買取価格が高くなりやすくなります。

 

ネットから無料で複数の買取店に一括査定はこちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ