ローンが残っている車の中古車査定と売買

ローンで買った車の所有者と名義変更

ローンで車を購入して、所有者が信販会社ではなくディーラーになっている場合があります。

 

信販会社ではなくディーラーが所有者になるメリットとしては、何といっても車両の名義変更等がす楽であるという点があげられます。

 

車の諸手続きの際に書類が少なくて済みますし、万が一ローン中に事故にあって車を廃車にしたいという際にも査定がしやすくなります。

 

ローンの残金が残っているにもかかわらず新しい車にというときにも、上乗せローンなどで対応できる場合があります。

 

しかし、所有者が車の販売会社だった際に、会社が倒産してしまった際には車の名義変更などがかなり面倒なことになる可能性があります。

 

倒産してしまった場合には連絡がつかなくなってしまうことも十分に考えられますので、ローンが完済し他のを機に新しい車に乗り換るために名義変更をしようとしてもスムーズにいかない場合があります。

 

車を買う際にも、その販売会社が信頼できるところかどうかから確認する必要があるわけです。

 

とはいえ、販売店が大手メーカーのディーラーであれば、それほど心配する必要はありません。

 

いずれにしましても、車をローンで購入した場合は、所有者が自分でないケースがほとんどですので、一度自分の車の車検証を見て、車の所有者が誰なのかを確認しておくといいでしょう。

 

住宅でも家電でも、ローンを組んだからと言って名義が他人になることはないのに、なぜ車の販売に関してだけ自分の車なのに名義が他人になるのか本当に不思議ですね。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

車の買取価格は複数の業者に査定を依頼することでグッと高くなります。

 

たとえば3社に査定してもたらったところ、A社150万円、B社130万円、C車170万円などという金額差になることはよくあります。

 

もしB社にしか査定を依頼していたかったら、40万円も損をすることになってしまいます。

 

中古車の売却時には複数の業者に査定をしてもらって、比較するのはもはや常識です。

 

ネットから無料で複数業者に一括査定依頼はこちら

 

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ