中古車の買取に関する基礎知識

買取専門店とのトラブルに注意しましょう

中古車の買取店に関して、最近では様々なトラブルがあるようです。

 

国民生活センターに相談されているトラブルの中には、以下のような例も報告されています。

 

中古車買取会社に車を売却する契約をしたが、家族会議で売却しないと決まり、契約から3日後に解約を申し出たら、キャンセル料の10万円を請求されたというケース。

 

約款にキャンセル料の説明が書いてあったそうですが、契約時にはその説明を受けておらず、キャンセル料を支払いたくないという相談内容でした。

 

買取会社の損害には実質的にまだ至っていない状態での請求であり、立証された損害によらずに一定のキャンセル料をとることは問題となっています。

 

中古車買い取り市場は活発化しており、多くの買取会社が参入してきています。

 

そのため、契約について穴のあるものが多くなっており、中には買取会社で一旦売却の契約をすると、契約の解除が出来にくくなるような約款もあるようです。

 

最近出来たばかりの新しい会社の中には、契約や販売において改善が必要なところもありますから、車を売却する際はトラブルにあわないために、契約前に会社の情報を良く調べておくといいでしょう。

 

特に震災後には中古自動車の需要が高まったのを受けて、強引な買取の勧誘や解約・キャンセル料のトラブルが多くなっています。

 

基本的には、知名度の高い大手の買取専門店に売却をするのが安全です。


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ