中古車査定を有利にするチェックポイント

中古車査定時のチェックポイントエントリー一覧

車の査定前に傷やへこみは直すべきか?〜中古車査定ガイド

査定額をアップさせるためには、外装のへこみや傷が気になるところです。結構丁寧に乗ったつもりの車でも、いつの間にか小さな傷がついていたりするものです。車を査定を受ける際には外装の見た目がきれいな事は基本です。査定を受ける前には、必ず洗車とワックス掛けを行うようにしましょう。また念入りにワックスを掛ける...

続きを読む

中古車査定における基本価格の計算方法

中古車の基本価格に計算式があるのをご存知でしょうか。(財)日本自動車査定協会は、中古自動車査定基準を設定しており、中古車を国産車、輸入車に分類し、毎月「査定基準価格」を更新しています。その査定基準価格は、中古車小売流通の標準相場を参考にしていると言われています。中古車買取業者は、自社の状況を考慮して...

続きを読む

喫煙車とペット乗車歴のある車を査定に出す時の注意点

外装も内装もキレイにしてから査定に行くことは、査定額アップの基本です。これらのメンテナンスが施されていないと、日頃車がどのように扱われてきたのか疑われてしまい、高い査定額の評価を受けることは難しくなる可能性もあります。内装関係の減点対象は、全体的に汚れがあり、完全な修復が困難な場合などが、マイナスの...

続きを読む

中古車査定の手順と加減点のポイント

愛車を査定される時に、どのような手順で査定されるのか、また標準状態からどのようなポイントが加減点となるのかを予め知っておけば、どのような車が高く売れるのかが見えてきます。まずは標準的な検査手順を知っておきましょう!・外周一巡→全体の印象、ナンバープレート・運転席と室内→走行距離数、装備品の確認、内装...

続きを読む

事故修復歴のある車や改造車の査定はどうなりますか?

査定基準価格の適用となる自動車の状態として、事故修復歴、損傷減価要因、改造がないという条件が挙げられています。ではこれらの条件を満たしていなければ、査定に出したり買取をしてもらえたりはしないのでしょうか。事故車と一口に言ってもいくつかの種類に分けられます。修復歴車・・骨格部位が損傷を受け、その部分を...

続きを読む

車検の残り期間が中古車査定に与える影響

愛車を買取に出す際、車検の残りは気になるところです。車検が切れるタイミングで車の乗り換えを考える人も、少なくはないでしょう。でも愛車を車検を通してから査定した方が有利なのか、車検が残り少なくても、場合によっては切れてしまってからでも査定は可能なのか、買取をしてもらえるのか、損にはならないのか、といっ...

続きを読む

中古自動車査定士ってどんな資格?

愛車が正しい判断で査定されているかどうかは、気になるところです。中古車は新車と違い、それまでのオーナーの使い方(乗り方)によって、同じ車種でもそれぞれ車歴が違ってきます。その違いの一つ一つを正しく判断するために、昭和54年4月1日に、通商産業、運輸省の指導の下、「中古自動車査定制度」が発足しました。...

続きを読む

中古車査定基準価格についての解説

中古車は新車と違い、それまでのオーナーの使い方(乗り方)によって、同じ車種でもそれぞれ状態が違ってきます。一台一台違った状態の中古車を正しく評価するのが、中古車査定です。中古自動車査定基準は、(財)日本自動車査定協会において、設定されています。中古車を国産車と輸入車に分類し、査定基準価格を毎月更新し...

続きを読む

適切な走行距離が中古車の査定額をアップさせます

中古車の査定ポイントは実に多岐に渡り、チェック項目は50項目以上に渡ると言われています。そんな中、とりわけ重要視されるのは、走行距離です。走行距離はその車の寿命に直接関係してきます。車は機械ですから、走行距離が長ければ長いほど、当然劣化も進むことになります。したがって、走行距離が短かいほど、中古車買...

続きを読む

中古車査定と内装・外装のチェックポイント

中古車の査定時、チェックされるポイントの一つとして、内装や外装が挙げられます。内装・外装共に、無傷の状態が標準状態と決められていますので、外装に大きな傷や凹みがあれば当然減点されます。ドアノブや鍵穴まわりの細かい傷などは、減点されないとはいうものの、出来る限りきれいな状態で査定を受けることをオススメ...

続きを読む


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ