中古車査定を有利にするチェックポイント

中古車査定前に傷やへこみを修理すべきか?

査定額をアップさせるためには、外装のへこみや傷が気になるところです。

 

結構丁寧に乗ったつもりの車でも、いつの間にか小さな傷がついていたりするものです。

 

車を査定を受ける際には外装の見た目がきれいな事は基本です。

 

査定を受ける前には、必ず洗車とワックス掛けを行うようにしましょう。

 

また念入りにワックスを掛けるだけで、小さな傷であれば、目立たなくなる場合もあります。

 

コンバウンド入りのワックスで磨くとさらに有効です。

 

塗装がはがれている箇所があった場合は、「マジックペン」タイプの塗料で、簡単に修正することも可能です。

 

マジックペン塗料は、通販、カー用品専門店などで、車種別に色を選ぶことができます。

 

それでは、自分で簡単に補修することが出来な様な傷の場合はどうすればいいのでしょうか?

 

そういった傷やへこみを、査定に出す前に修理に出す必要があるのかといと、結論からいえば、そのまま何もせずに査定に出しても問題はありません。

 

というのも、へこみや傷を直せば、当然直さないよりは評価が上がります。

 

しかし最初から傷のない車の評価額とくらべると修理履歴があるわけですから査定は低くなりますし、修理代をペイ出来るだけのプラス査定にはならないことが多いです。

 

買取業者は修理のルートも持っていますから、買取後に自社で修理した方が安上がりになる可能性があります。

 

結局、修理して少しばかり評価額が高くなったとしても、修理代の方が高く付き、その差額分が損となってしまっては、何のために修理したのか分からなくなってしまいます。

 

売り手側が手間と費用を掛けて修理をしても、多くの場合それに見合わない結果になるということです。

 

結論は、ワックスがけやペンタイプ塗料で簡単に目立たなく出来る程度の傷でなければ、そのまま修理せずに査定に持って行った方が無難ということになります。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

車は高額商品ですから、たった1社の査定額で売却を決めてはいけません。

 

車種や年式によっては、買取価格が数十万円も違ってくることがあります。

 

必ず複数の買取専門店に査定をしてもらって買取額を比較するようにしましょう。ネットから簡単に一括査定の依頼が出来ます。

 

無料で複数の会社より一括査定はこちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ