中古車査定を有利にするチェックポイント

中古車査定と車検の有無に関して

愛車を買取に出す際、車検の残りは気になるところです。

 

車検が切れるタイミングで車の乗り換えを考える人も、少なくはないでしょう。

 

でも愛車を車検を通してから査定した方が有利なのか、車検が残り少なくても、場合によっては切れてしまってからでも査定は可能なのか、買取をしてもらえるのか、損にはならないのか、といった点が気になると思います。

 

どちらの方が有利なのか、常々疑問に思っている人もいると思います。

 

車検が残り少ないのであれば、車検を受けた後で査定へ出した方が有利であると考える人もいるかも知れません。

 

しかし残念ながら車検を通して査定に出したとしても、その車検に掛かった費用が査定で上乗せされることは、ほとんどないと言われています。

 

車検まで残りがあと1ヶ月、2ヶ月と少ないようであれば、査定を受ける際に印象的にはよくないために、多少影響が出るかも知れません。

 

とはいえ、車検の有無は基本的に査定の加減点の対象にはなりません。

 

査定そのものではなく、あくまで車検費用の実費分が加減されるだけです。

 

また、ディーラーや車買取専門業者は、自社のルートにより安い費用で車検を通すことができるため、一般の人が高い費用で車検を通した後で査定に出したとしても、車検費用は査定額にプラスにはならないということになります。

 

つまり、車検の残りが少なかったり切れていたとしても、査定を受けることはできますし、査定額そのものにはほとんど影響しないということになります。

 

それよりも、日頃からの点検や整備で車の状態をベストに保つことの方が中古車査定では有利になります。

 

オイル交換は当然のことながら、普段から点検や整備を積極的に行っておきましょう。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 

 

中古車の売却を1社だけの査定額で決めてしまってはいけません。

 

なぜなら、中古車査定額は複数の店舗に依頼して比較をすることで大きな差がでるからです。

 

インターネットから簡単に複数業者の買取価格を比較することが出来ます。

 

愛車の査定額をネットから簡単に比較するにはこちら


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ