中古車査定を有利にするチェックポイント

中古自動車査定士の資格の解説

愛車が正しい判断で査定されているかどうかは、気になるところです。

 

中古車は新車と違い、それまでのオーナーの使い方(乗り方)によって、同じ車種でもそれぞれ車歴が違ってきます。

 

その違いの一つ一つを正しく判断するために、
昭和54年4月1日に、通商産業、運輸省の指導の下、「中古自動車査定制度」が発足しました。

 

これは、健全な中古車市場の発展と消費利益の保護を目的としており、また中古車業界も含め、適正査定の普及と浸透を図ることも目的としています。

 

中古自動車査定制度に基づき、適正な中古車の査定を行う技能を認定する資格が、「中古自動車査定士」です。

 

中古自動車査定士には、「小型車査定士」と「大型車査定士」があります。

 

それぞれ受験資格が異なるため、注意が必要です。

 

また試験の内容は、

 

・中古自動車査定制度
・中古自動車査定基準、加減店基準
・自動車の構造、機能及び取り扱い
・保安基準、その他自動車に関する事項
・その他査定に関する事項

 

とされています。

 

他にも査定の実技があります。

 

中古自動車査定士の受験資格には、協会所定の研修(3日間)を修了していることも条件として必要になります。

 

これらの試験内容と研修修了の条件で、中古自動車査定士のスキルの均一化が図られているのではないでしょうか。

 

中古自動車査定士に愛車を査定してもらえば、査定の加減点に関しては、どこの中古自動車査定士に査定してもらっても、大きな差が出ることはないと思っていいでしょう。


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ