中古車査定を有利にするチェックポイント

中古車査定基準価格とは一体何でしょう?

中古車は新車と違い、それまでのオーナーの使い方(乗り方)によって、
同じ車種でもそれぞれ状態が違ってきます。

 

一台一台違った状態の中古車を正しく評価するのが、中古車査定です。

 

中古自動車査定基準は、(財)日本自動車査定協会において、設定されています。

 

中古車を国産車と輸入車に分類し、査定基準価格を毎月更新しています。

 

査定基準価格は、中古車小売流通の標準相場を参考にしているとされています。

 

査定基準価格が適用されるためには、自動車の状態が以下の「6項目」の条件を満たしている必要があります。

 

・走行距離数が標準以内。年間1万キロ程度と言われています。
・車検期間の残りが3ヶ月以内。
・内装、外装が無傷。
・エンジン、足まわりが走行に支障がなく良好な状態。
・タイヤの残り溝が1.6mmスリップライン以上の状態。
・その他、事故による修復歴、損傷原価要因(腐食や臭いなど)、
 改造工作がない

 

などが、挙げられます。

 

以上の「6項目」の条件が満たされた状態で、保安上重要な部分は定期点検整備が行われ、その他の軽整備を必要する自動車がいわゆる「標準状態B」と呼ばれます。

 

他にも「標準状態A」と呼ばれる自動車があり、それらの車は定期点検整備が要鋼通り実施されている他、年式に見合った状態が求められます。

 

「標準状態A」の車は積み上げ額が、別途設定されているようです。

 

中古車の査定では、大抵「標準状態B」のケースが多くなります。

 


 

 

愛車の最高買い取り価格を今すぐ知る

 

 


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ