中古車査定のお得な情報を公開

自動車税未経過分はしっかりと返してもらいましょう

毎年納めなければならない車にかかる税金で、自動車税というものがあります。

 

毎年4月の段階で車の所有者に対して、納税義務が発生します。

 

自動車税を納めた直後に、その車を売却することになた場合場合、その納めた自動車税はどうなるのでしょうか。

 

ちょっと分かりにくいかも知れませんが、実は自動車税の未経過分の金額は、所有者側に返金されているのです。

 

しかし、車を買取店などで売却した場合、直接売主に現金で未経過分として返金されるわけではありません。

 

実際には、査定金額の中に加算されて計算されていることがほとんどのようです。

 

つまり、査定金額として提示された金額から、自動車税の未経過分の金額を差し引いた物が本当の査定金額ということができます。

 

しかしながら、業者の中には、この自動車税未経過分の金額を査定額に加算しなかったり返金せずに、業者がそのまま受け取ってしまうところもあるようです。

 

つまり、すでに売却してしまった車の税金が支払った本人に戻ってこないで、業者にネコババされてしまうということです。

 

まずは、税金を支払った本人が、自動車税未経過分の返金を受け取る権利があるということをしっかり頭に入れておくことが大事です。

 

その上で、契約する段階で、未経過分の返金はどうなっているのかを必ず確認しましょう。

 

査定金額に含まれている場合は、具体的にいくらが返金分なのかを明記してもらうようにすると、あとあとトラブルにならずに済むでしょう。

 

何についても言えることですが、契約において、知らなかったから・・・ということは一般的に通用しません。

 

契約書にハンコを押す前に、契約内容を納得するまで確認することが大切です。


トップ 査定の基礎知識 買取の基礎知識 査定時のチェックポイント 査定額アップのコツ